まるこハート内科クリニック

クリニックブログ

インフルエンザワクチンは、いつ接種するのが良いのか?

気温が低下し、インフルエンザや風邪がはやる季節が近づいてきました。

当院で診察させていただいた患者さんの中にも、すでにインフルエンザの方がいらっしゃいました。

近隣の学校でも発生が確認されており、今後の流行状況を注視する必要があります。

 

インフルエンザのワクチンは、何月ごろ接種するのが良いのでしょうか。

 

インフルエンザは例年12月から3月ごろに流行し、1月から2月にピークを迎えます。

また、ワクチンの効果が出現するまでには接種から2週間程度かかり、ワクチンの予防効果が期待できるのは接種から5か月程度までとされています。

これらの事情から、11月中旬までのワクチン接種をおすすめしています。

遅くとも12月中旬までには、ワクチン接種を終えることが望ましいと言えます。

 

 

診療メニュー

  • 一般診療
  • 循環器内科

循環器内科

  • 予防接種
  • 心臓・血管ドッグ
  • 各種健診その他健診
  • 自費診療
  • よくある質問
  • 受診された方からのお声
  • ブログ
  • インフルエンザ
  • スタッフ募集